高校生から始めるセルフブランディング

学生を豊かに。 732(ナミツ)🔰 @ElG2101

【HSSB2】学習における時間管理・タスク管理,効率性・冗長性

今回は,学生にとって悩みがちな学習に関するトピックである.実際に学生である自分にとって学習とは切っても切れない間柄で,人生に直結してくる要素なので苦悩やら楽しさやらいろいろ感じることがある.そんな様々な学習法を実験してきた自分の一定の結果をここに記す.

  1. 学習とは
  2. 学習における時間・タスクをどのように捉え,扱うべきか
  3. 学習は効率性重視?それとも冗長性?

 

1. 学習とは

学習と一言にいっても,第一に,アカデミックな学習や趣味的な学習などいくつかの学習が存在するといえる.第二に,社会的に有効な学習とそうでない学習がある,すなわち,社会貢献や稼ぎに繋がる学習とそうでない学習,また,解を求める学習と熟慮して物事の解釈,定義付けや批評を行う学習ともいえる.第三に,ゴール(最終目標)の学習とステップゴール(最終目標を達成するための学習,基礎学習等)がある.

主にこれらのように三段階に分けて考えることができる.そして,これらを自分の中で理解・整理することでより望ましい学習が行えると筆者は考える.なぜなら,私はこれらを曖昧に理解し,全て一緒くたに学習していたために非常に学習効率・定着率の低いが悪くなっていた.何をどのような目的で勉強するかを決めて行う学習と自分がやりたいからする学習を混在させるの危険である.特に時間の喪失が激しくなる.

 

2. 学習における時間・タスクをどのように捉え,扱うべきか

上記では学習を自分なりに理解することが重要であること述べたが,ここでは学習を理解した上で,それをどのように管理・運用するべきか,という点について記す.

まず最初に,学習における要素として時間(勉強時間,または勉強によって失われる自由時間)とタスク(やらなければならない学習,課題や仕事)を定義する.学習は当然ながらその他の時間を奪い取るものであり,あなたが自由時間をより望むならば学習時間を短くしなければならない.また,その点に関してタスクは否応無くあなたの自由時間を奪うものである.そのため,あなたは自由時間の増減,学習時間の増減,タスクの達成,これらを考えながら学習していることだろう.

ここで,人生における金言を一つ紹介しよう.

「何かを望むならその他の何かを捨てなければならない.」

(補足すると,一つの結果を望むなら,それに関すること以外のこと削ってその目的に全てを注ぎ込まなければ結果は得られないということ,経済用語ではトレードオフと言われる.)

このように,有限な時間で一定の成果を出すためには学習のトレードオフが必要不可欠である.もちろん,趣味的な学習をしたい人もいるが,社会的な結果を求めるならこれは必要な概念である.また,社会的な結果(主に高収入等を獲得すること)によって趣味的な学習時間・それに対する投資を増加させることができることも忘れてはいけない.人間が生きていく上では金が必要であることを考えても結果重視の学習は卑下されるべきではない.

具体的な話に入ると,一つの例として,結果重視の学習はシステマチックに(学習時間や学習するタイミングを決め,記録,フィードバックする,PDCA学習),趣味的学習は自由時間に換算することを提唱する.自分の学習に対する意識を変えるのではなく,学習時間に対する意識を変えるのである.結果重視の学習にはタスクが伴うことが多く,そのため時間制約が存在する.故に,学習時間が伸びる・少なすぎる,自分が成長しているかどうか,などを反芻しながら常に効率性・定着率を向上させる意識を持つと良い.そうすれば,自ずと自由時間は増加する.ここで注意したいのが,結果重視の学習でも知識が増えると趣味的学習が付随してしまうことがあるが,これを自分で意識し,当初の目標に忠実であることが重要である.もしくは,目標自体の変更か.

 

3. 学習は効率性重視?それとも冗長性?

この問題は常に頭をよぎるものであるが,学習とは効率性を求めるべきなのか,それとも冗長性(趣味的に学習する)を残すべきなのか.これに対する普遍的な解は人それぞれ好きにすれば良い,であるが,上昇志向の学生や今の時期の時間の余剰後になって悔やみたくない学生には効率性と冗長性の良い塩梅を自分で量りとって欲しい.ではどうすればわかるのか?それは自分で試行錯誤するしかない.そう,時間の有り余る世代に伝えたいのは,情報が増える時代における情報の取捨選択・効率的摂取方法と快楽的摂取方法を自分で身につけて欲しいのだ.しかし,それを教えてくれる大人はいない.あなたの感覚だけが頼りなのだ.

【HSSB2】学習における時間管理・タスク管理,効率性・冗長性

今回は,学生にとって悩みがちな学習に関するトピックである.実際に学生である自分にとって学習とは切っても切れない間柄で,人生に直結してくる要素なので苦悩やら楽しさやらいろいろ感じることがある.そんな様々な学習法を実験してきた自分の一定の結果をここに記す.

  1. 学習とは
  2. 学習における時間・タスクをどのように捉え,扱うべきか
  3. 学習は効率性重視?それとも冗長性?

 

【文系FEの道0】新企画始動!

三日坊主のブロガーこと、732です。

あ、こいつ他の企画さえも全然進んでねぇのにまた新企画かよw、とお思いでしょうか。

まあまあ、聞いてください。容量の悪い自分にとっての比較的効率的な勉強法を思案した結果、プログミングだけでなくその周辺知識を学ぶ事によって本目的であるプログミングの勉強の効率を上げようという魂胆であります。

エンジニアの方はよく言われます。「プログラミングは実践することが大事、何かプロダクトを作れ。」と。それが出来たら苦労無いんですよね。また、プログミングだけに時間や金を費やしたくない方もいると思います。そういう人には突出した技術や行動力が与えられることはないかもしれませんが、一端のエンジニアになることは可能ですし、そういう人々がいても良いと思います。そんな方々のためのブログをこれから提供していきたいです。

【LSP3】プログラミング初心者がProgateを3カ月間やって

どうも、732(ナミツ)です。

もう、Progateを始めると同時にブログとは疎遠になっていましたね。それほどまでに、Progateは楽しかったです。そんなわけで今回はProgateの感想をここに記しておきます。しかし、ただの感想は他のブログにあふれていますので、初心者が初心者に言いたいことを中心に述べていきましょう。

 

  1. Progateの長所
  2. Progateの短所
  3. Progate に対する評価
  4. この先 

 

 

1.  Progateの長所

  •  前もって準備をしなくてもプログラミングを学べる

これはプログラミングを深く学んでいくにつれてより実感することなのですが、Progateほど初心者がプログラミングを学ぶのに適した環境はないということです。プログラミングと一口に言っても様々な言語や環境、フレームワークなどがありますがこれらによって、また時にはmacOSWindowsかによって用いる環境(何かを開発する環境:開発環境)は異なってきます。私自身、開発環境をしようと挑戦してみましたが手こずり、嫌になって少しプログラミングから遠ざかってしまいました。しかし、初心者こそ学びには勢いというものが重要で、本当にプログラミングを学びたいのに開発環境で悩んでしまうのもったいないことです(開発環境について学ぶの大切なことですが、それがために興味を失うのはもったいないです)。そのため、プログラミングなんてやったこともない人には最適な学習サービスといえるでしょう。なおかつ学習内容も基礎的なものではありますが質が高く、実践的なものも出てきます。

  • 一つ一つ簡単なことから学べるからサクサクできる

それぞれの言語はレッスンが数段階に分かれていて、そのレッスンの中で実際に何かを作り上げていくことになります。新しいことをたくさん学ぶのは大変という人でも、一つ一つ学べるのでやりやすいと思います。またわからなくなったらスライドを見返したり、ヒントや答えを見ることが出来るのでつまずいたらササッと次に行っちゃいましょう!

  •  レベル上げとSNS投稿でヤル気アップ↑  

Progateにはレベル制度があり、自分の達成度・成果が逐一に可視化されるのでついついレベル上げにはまってしまいます。また、SNS(特にTwitter)上にレベルアップやレッスン修了を投稿するとProgateの関係者の方や他ユーザーの方からいいねなどがもらえるのでさらなるヤル気につながり、またプログラミングを勉強しているもの同士繋がることも可能です。

 

2.  Progateの短所

  •  いざ何かを作ろうとするにはProgateでは物足りない

Progateでは、ほとんどのレッスンがコーディングに関することなので、実際に開発に取り掛かろうとするとつまずくかもしれません。かくいう私は、不恰好なつまらないwebサイトとしか作れませんでした。ゆえに、つまずく人はより実践的なレッスンのある学習サイト、または学習塾などに行くのをオススメします。

  • フレンド機能の未完成感

Progateにはフレンド機能があるんですが、ゲームなどのような助っ人機能だったり、共闘機能だったり、チャット機能すらありません。できることといったらお互いのレベルを確認できることぐらいですね。もちろんプログラミングを学ぶことはゲームをすることではないので、趣旨がすり替わってしまうのを恐れてのことなのかもしれませんが、この機能次第ではよりライトな層に響くと思われます。

  • 楽し過ぎる

Progateは本当にサクサク進められて、さらにレベル制度があるためにさらにやり込んでしまいがちなのですが、これは欠点にもなり得る問題です。おそらくProgateをやるほとんどの人がプログラミングの学習を目的に始められることと思いますが、Progateにハマりすぎるのも注意です。エンジニア業界で評価されるためにはプロダクトを作るのが最も手っ取り早いです。しかし、すでに述べたようにProgateだけでは実際にプロダクトを作るには不十分なところがあります。ゆえに、Progateはゲームと割り切ってやるのがいいのかもしれません。しかし、Progateで学べることが重要なことには変わりはありません。

 

3.  Progateに対する評価

上記の長所短所を総括するような内容となりますが、Progateの真髄はその「やり易さ」「楽しさ」「質の高さ」に限ります(ここでいう質の高さは、高度な内容というわけではなく、重要な内容をしっかりと学ぶことができる点を含意している)。非常にライトな感触でありながらも、要点を押さえた、非常によく作られたサービスということです。しかし、ユーザーの扱い方次第ではこのサービスはゲームにもなる恐れがあるということは常に注意しなければなりません。特に学生ともなるとProgateをして勉強をした気分になり、他のことを疎かにするようでは後々後悔することになるかもしれません。すなわち目的を見誤ってはいけないということです。しかし、その手軽さが良い点でもあるので、プログラミングで何か躓くことがあったらProgateをやって自信とヤル気を取り戻すのもいいかもしれませんね。

 

4.  この先

しかし、どんな学びにもステップアップは必要なものであり、ある一点に留まり続けることは成長の上であまりいい行動とはいえません。あなたはあなたの目的に合わせた次の学習をすべきです。私も今ちょうどその時を迎え新しい学習に挑戦しているところですので、新しい学びに対する楽しさと不安はわかります。ここで次にどうすればいいかわからない人々に解決方法の一例をご紹介します。

私はwebエンジニアになるために「Ruby」というプログラミング言語と、それに付随して「Ruby on Rails」を学習しているのですが、その中で特別、学習に適した学習サイトが「Rails チュートリアル」というものです。このサイトでは実際に自らの開発環境を用いて、より実践的な内容を学ぶことができます。また「ドットインストール」という学習サービスもあり、こちらは動画で学習するスタイルでした。スタイルの違う学習方法を用いることで自分を飽きさせないようにもできました。「Rails チュートリアル」を通して自分は何かしらを作ってみるつとりです。それでダメなら技術書などを読んで、それでもダメならやっていること自体を見直すことでしょう。

これはほんの一例(何も作ってないので恐縮ですが)ですが、あなたには様々な学習方法が知らないだけで存在はしているのです。ですから、Progateを終わったその先考えるのも重要なことです。

是非、皆さんがプログラミングを楽しみ、そして目的を達成することが出来るのを望んで、この記事を終えさせていただきます。ご精読有難うございました。

【LSP2】Progate有料会員登録をしてみた

以前投稿したプログラミングの記事でご紹介したプログラミング学習サービスの

Progate

今回はこちらのサービスの初心者目線の利用体験・有料会員になるまで・注意点についてご紹介していきます。プログラミング経験のあるブロガーさんのProgate体験記みたいのはよく目にするんですが、実際初心者からすると共感できないこともあって参考にならないこともあるんですよね。そういう部分の悩みを解消する力になれれば幸いです。

 

続きを読む

【LSP1】プログラミングを始めよう!

【Let's Start Programing 1】

どうも、732(ナミツ)です。

プログラミング未経験者の私が

「プログラミングを始めたい!だけど何すれば良いのかわからない!」 

という悩みを抱く読者と共に自分がプログラミングを日々勉強することで一歩を踏み出す手助けをいたします。

 

・目次 

1.プログラミングとは

2.プログラミングをやった方がいい理由

3.プログラミング言語

4.プログラミング学習

5.プログラミング習得者が求められる職種

 

続きを読む

帰省

今日のブログではプログラミング変第1回をお届けするつもりでしたが、帰省の為お休みとさせていただきます。

ですが、改めて今後の方針を参考程度に記しておきます。

現在の予定では、

・高校生から始めるセルフブランディング(既に開始)

・プログラミング習得の道(次回開始)

・ブログの書き方を日々ライブ感覚でお届け(予定)

イラストレーターってなに?

この4つを考えております。

乞うご期待!